婦人科とりわけ不妊に対して正しい理論と検証を経た治療法の開発と普及を行う団体です。

JISRAM会長あいさつ

この度、一般社団法人日本生殖鍼灸標準化機関の初代会長(代表理事)を仰せつかりました、中村一徳と申します。

本会の前身となる不妊鍼灸ネットワークは、平成23年秋に私中村と副会長の三瓶真一が、北海道大学キャンパスのポプラ並木を散歩しながら、世の不妊鍼灸の混沌たる状況を憂えたところから始まりました。その後、東京の徐大兼、名古屋の鈴木裕朗と会談し「国内の生殖鍼灸の質を向上させるべく」不妊鍼灸ネットワークが発足しました。

平成24〜28年度の五年間に計15回の講座を開催し、うち4回の公開講座ではのべ五百名の鍼灸師が日本中から集い、生殖鍼灸を学びました。中には熱心な先生も沢山おられ、ネットワーク会員でなくとも心を一つにできると確信しました。そこでもう一度新たな旅立ちとして、そういった先生ともスクラムを組んで、日本の生殖鍼灸を再構築することができたらと考えています。

日本中に効果最優先の良質の生殖鍼灸が広まり、挙児を希望される方々が一人でも多くその希望を叶えられるよう願います。

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人JISRAM All Rights Reserved.